【等身大のキャリア】サイト始動! 当ウェブサイトでは女子のための自分らしいキャリアをつくるヒントを発信

社会人の勉強時間を徹底解説!今すぐ勉強するための情報まとめ

社会人の勉強について徹底解説します。勉強時間の平均は?資格合格に必要な勉強時間は?どうやって勉強時間を確保する?勉強時間の管理にオススメなアプリは?社会人の勉強についての疑問を全て解決!

 

社会人になると、仕事と家の往復や友達との楽しい時間ばかりにを取られて、「このままの生活でいいのかな?」っていう危機感がありませんか?

 

頭の片隅でこんなことを思うことがあると思います。

  • そろそろスキルアップのための勉強したほうがいいのかな
  • キャリアアップしてお給料UPさせたいな
  • キャリアチェンジするなら早いほうがいいよね

 

「スキルアップ」「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」に共通しているのは、勉強することで叶う可能性が高くなるということ。

逆に、社会人になってからも勉強しないと、平凡な人生やキャリアになってしまうということ。

 

この記事には、少しでも「勉強したいな」と思っているあなたが、社会人の勉強について知っておくべきことを詰め込みました。

  • 周りよりもたくさん勉強して差をつけるために、まずは社会人の平均勉強時間を知ろう!
  • いろいろな資格をとるのに必要な勉強時間を知って、どの資格を狙いたいか決めよう!
  • 勉強する資格がどのくらいの勉強時間がかかるか知ろう!
  • 勉強時間の見える化&モチベーションUPのために勉強時間を管理するアプリのおすすめを知ろう!

 

この記事を読めば、今日から勉強をスタートさせられます。思い立ったら吉日!ぜひ最後まで読んで、勉強を始めてみててください!

 

 

社会人の勉強時間の平均は6分ではなく160分

社会人の勉強時間平均

いざ勉強時間を作りたいと思っても、どのくらいの勉強時間が妥当なのでしょうか?

毎日の勉強時間を決めるのには、社会人の勉強時間平均が参考になります

 

まずは勉強を始める前に、あなたのタイプによって、毎日の勉強時間を決めましょう!

  • せめて他の社会人と同じくらいの勉強時間を作ってみようと思う
  • 他の社会人の勉強時間よりも少しでも長く勉強して、一歩抜け出したい!

 

まず、いろいろなアンケートや調査を総合的に分析すると、仕事をしながら勉強している社会人は半分以下だと思います。

なので、あなたは勉強をスタートするだけで、周りの人よりもリードできちゃうんです。

 

気になるのは社会人の勉強時間の平均ですよね。

勉強している社会人たちは、1日に約160分(2時間40分)も勉強しています!

 

特に、男性よりも女性・年収が低い人よりも高い人の方が毎日の勉強時間が長いことが分かっています。

 

仕事をしながら勉強することは大変ですが、勉強時間を捻出している社会人もいるんですよね。

特に、年収が高いほど毎日の勉強時間が長いということに驚きです。年収が高いと仕事もそれなりに忙しいはず。そんな多忙スケジュールの中で勉強時間を作っているんですね。

 

こんな夢がある社会人のあなたは、毎日勉強するのが達成へのひとつの近道でしょう。

  • 年収UPしたい
  • キャリアアップ転職したい
  • 副業で稼ぎたい

 

社会人の平均的な勉強時間について詳しく知りたいあなたはこちら↓をどうぞ!

当サイトが、政府や民間団体のアンケートを徹底調査して、社会人の勉強時間平均について男女別・曜日別・年収別・国別詳しくまとめています!

 

「勉強したい!」と思っても何を勉強するか迷うあなたのために、次のセクションでは資格別に必要な勉強時間をまとめました。

 

 

社会人が資格取得するために必要な勉強時間【資格別まとめ】

社会人の資格取得に必要な勉強時間

勉強するやる気はあるし、せっかくなら資格取得にチャレンジしたいと思いませんか?

でも、どんな資格にどのくらいの勉強時間が必要か分からないと、狙いたい資格がなかなか決められませんよね。

 

そこで、社会人に人気の資格について、必要な勉強時間の目安をまとめました!

=ミアのおすすめ

TOEIC 100点UPごとに50~100時間
TOEFL 6~8ヶ月の勉強期間
英検2級 50時間~
プログラミング 600時間~
基本情報技術者試験 50時間~
簿記論 50時間~
中小企業診断士 1000時間~
公認会計士 3500時間~
税理士 3000時間~
社労士 500時間~
行政書士 500時間~
司法書士 3000時間~
弁理士 3000時間~
弁護士 3000時間~
宅建士 200時間~
不動産鑑定士 2000時間~
管理栄養士 200時間~
電験三種 1000時間~

注: 詳細はこちら>>社会人が資格取得するために必要な勉強時間【資格別まとめ】

 

ちなみにミアのおすすめは英語と簿記!英語と簿記の知識は、多くの業種でキャリアアップに繋がります。

最近話題のIT系(プログラミング)資格は、「IT系の会社勤務」か「エンジニア転職したい」社会人にはおすすめ!

 

必要な勉強時間やおすすめの勉強方法(独学 vs. 通信 vs. 予備校)が知りたいあなたはこちら↓をどうぞ!

 

次のセクションでは、資格取得と同じくらい社会人に人気がある大学受験=学び直しの勉強時間について解説します!

 

 

社会人の大学受験の勉強時間は学校によって違う

社会人の大学受験の勉強時間

最近、社会人が大学や大学院で学びなおすという「リカレント教育」が注目されています。政府もこのリカレント教育を支援し始めているんです。

 

社会人が大学受験するメリットは、大きく2つあります。

  • 全く違う分野に進んでキャリアチェンジ
  • 専門分野を突き詰めてキャリアアップ

 

日本ではなかなか知られていない大学や大学院での社会人入学ですが、海外では多くの社会人が取り組んでいます。

  • 日本: 2.5%
  • OECD平均: 16.6%

出典: 首相官邸 内閣官房人生100年時代構想推進室

 

社会人が「学びなおし」をできる学校はいくつもあります。大学、通信大学、放送大学、大学院、看護学校…など

必要な勉強時間は、目指す学校によって大きく変わってきます

  • 放送大学: 0時間(原則、書類選考のみで学力試験なし)
  • 通信大学: 0時間(原則、書類選考のみで学力試験なし)
  • 大学院: 学校によって違う
  • 大学: 学校によって違う
  • 看護学校: 学校によって違う

 

ミアの友達は、メーカーで仕事をしながら勉強して、大学医学部の受験に合格した人がいました。

仕事が終わったら毎日勉強&週末も毎日勉強の日々を1年過ごしていたみたいです。

大学受験で大きくキャリアチェンジに成功した一例ですね。

 

次のセクションでは、公務員への転職でキャリアチェンジを目指すための勉強時間について解説します。

 

 

公務員試験突破を目指せ!勉強時間がない社会人が合格するには?

社会人が公務員試験を突破するための勉強時間

公務員試験合格に必要な勉強時間は1000時間です。1年で公務員試験対策をするなら、毎日3時間勉強する必要があります。

 

1000時間もの勉強時間は、択一試験と論文試験と言われる筆記試験の勉強のために必要だと言われています。

特に択一試験は約20科目もあるので、かなり効率的に勉強することが大切です。

 

1000時間の勉強時間で、効率的に勉強するためのコツが5つあります。

  1. 社会人は隙間時間で暗記
  2. 社会人は「目で見る」勉強
  3. 頻出箇所を効率よく暗記
  4. 数的処理も暗記モノ
  5. 論文はパターン化

 

公務員試験の択一試験は試験範囲が20科目もあり、手広く勉強しないといけないのに、問題数がとても少ないので頻出箇所を把握することが1番大切。

独学では公務員試験の頻出箇所をしっかりと理解することが難しいので、自分の時間で勉強できる通信講座がおすすめ

ミアのおすすめは、スキマ時間の勉強に特化した通信講座のスタディングです!

 

公務員試験の勉強時間についてここで紹介した内容はごく一部。

もっと詳しく「公務員試験の勉強時間」「勉強時間を効率化するコツ」「勉強時間を短縮する方法」についてもっと知りたいあなたはこちら↓をどうぞ!

 

次のセクションでは、資格取得・大学での学びなおし・公務員試験などに必要な勉強時間を確保する方法をご紹介!

 

 

社会人の勉強時間は習慣化で確保して

社会人の勉強時間確保

仕事が忙しい社会人はどうやって勉強時間を確保すればいいのでしょうか。

 

1ヶ月の残業が60時間だった頃、1ヶ月で60時間の勉強時間を確保していた勉強方法をこちら↓で詳しく紹介しています。

 

紹介している勉強方法を簡単に説明しますね。

勉強時間を確保するコツは3つだけ!簡単そうに思えてやってみると意外と大変です。

  1. 隙間時間を意識的に活用
  2. 勉強時間ありきのスケジュール立て
  3. 休日にまとめて勉強

 

仕事をしている社会人が勉強時間を捻出するには、スキマ時間を徹底的に活用してください。通勤電車・移動時間・ランチタイム・テレビを見ていた時間など、少しでも時間があれば勉強時間にあてます。

 

スキマ時間だけではなく、まとまった勉強時間を確保することも大切。

まず、仕事がある日は、朝と夜にまとまった勉強時間を作りましょう。朝早起きをする・夜は付き合いを減らすなど、「勉強時間ありきのスケジュールと行動」がカギです。

 

社会人がまとまった勉強時間を作る勝負は休日です!「勉強時間を作る」という強い気持ちを持って休日の予定を立ててください。

休みだからといって遊びすぎはNG。リフレッシュも大切ですが、ほどほどにすることをお忘れなく。

 

次のセクションでは、社会人にオススメしたい勉強時間の管理アプリの紹介です。

 

 

勉強時間の管理アプリ【社会人へのおすすめ3選】

社会人におすすめの勉強時間管理アプリ

勉強時間の管理アプリは受験生が使うイメージですが、私は社会人にこそおすすめしたい。

 

アプリを使って勉強時間を管理するメリットがとても多いんです!

 アプリを使わない社会人  アプリを使う社会人
受験生と違って周りに勉強してる仲間がいなかったり、勉強はマストではないので、勉強のモチベーションが続かない 勉強時間が見える化されたり、勉強仲間とのSNS機能を使うとモチベーションが湧く
一緒に勉強する仲間がいない・少ないので資格試験への自信がない 勉強時間が見える化されると、資格試験などの自信につながる
ついついスマホを使ってしまって勉強できない スマホ断ちして勉強時間が確保できる

 

そこで、当サイトが社会人に全力でおすすめしたい勉強時間管理アプリをご紹介します。


1位 Studyplus

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus Inc.無料posted withアプリーチ

 

2位 コソ勉

コソ勉

コソ勉

StudyHacker, Inc.無料posted withアプリーチ

 

3位 スマホをやめれば魚が育つ

スマホをやめれば魚が育つ(スマホを制限して勉強に集中)

スマホをやめれば魚が育つ(スマホを制限して勉強に集中)

Takeshi Segawa無料posted withアプリーチ


 

各アプリの詳しいレビューはこちら↓からどうぞ!

 

【まとめ】社会人は勉強時間を作れば良いことばかり

仕事をしている社会人のあなたが勉強をスタートするために知っておきたいこと総まとめしました。

 

仕事が忙しくても勉強してみたくなりましたか?

目指したい資格は決まりましたか?

毎日の勉強時間を確保できそうですか?

 

最初は慣れないかもしれませんが、目標をしっかり持って勉強を毎日の習慣にしてみて下さい!

きっと1か月後は違う未来が待っているはず!

 

 

社会人の勉強時間
最新情報をチェックしよう!