【等身大のキャリア】サイト始動! 当ウェブサイトでは女子のための自分らしいキャリアをつくるヒントを発信

社会人の勉強時間は習慣化で確保!1ヶ月60時間勉強する方法

忙しい社会人が、1か月で30時間以上の勉強時間を確保するための方法を解説します。

 

社会人になって勉強時間を確保したい時ってありますよね。

キャリアアップに向けた勉強、趣味の勉強、資格試験、社会人大学院、英語、転職に向けた筆記試験、などなど。

焦るミア
ミア
でも社会人になったら、いつ勉強時間を確保すればいいの…?

 

学生の頃と比べて、社会人は勉強時間を捻出するのが難しいんです。

  • 仕事があってなかなか思うように勉強時間が確保できない
  • 家族との時間が必要
  • 家事をする時間も必要
  • 睡眠時間を削るのは辛い

 

ですが、習慣化すると少しずつ勉強時間を確保できるようになります!

 

習慣化すると、勉強が1日のルーティンになる事で勉強を苦に感じなくなってきます

それに、短期的に勉強するよりも、習慣化して長期的に繰り返して覚えた方が脳に記憶されやすいというメリットもあります。

 

 

社会人が勉強時間を確保するために習慣化するべきポイントは3つです。

  1. 隙間時間を意識的に活用
  2. 勉強時間ありきのスケジュール立て
  3. 休日にまとめて勉強

 

この記事では、社会人向けに勉強方法の作り方を詳しく解説します。

 

この記事を書いているミア自身も社会人になってから勉強時間を確保した経験あり!

これから勉強時間を確保したい社会人の方のお役に立てれば嬉しいです。

 

  • 月残業60時間程度の時にSPIを勉強して内定ゲット
  • 定時帰りの時にウェブマーケティングを趣味として勉強
  • 通勤時間に英語を勉強して仕事では英語人材に

 

 

社会人の勉強時間確保は平日の積み重ねがカギ

社会人の勉強時間確保平日

焦るミア
ミア
平日は仕事で疲れていて勉強時間を確保出来ない…。

 

平日に勉強時間を確保しないと1週間のうち5日間も勉強しないということになります。

 

勉強は毎日少しずつでも進めることで頭に情報が定着します。

なので、平日に少しでも勉強することが大切です!

 

 

社会人の勉強時間確保は朝からスタート

勉強時間の確保は必ず朝からスタートしましょう。

 

朝時間は脳のゴールデンタイムです。

脳科学者の茂木健一郎先生は、朝は脳の記憶がリセットされていて、新しい記憶を吸収する効率が良いと提唱しています。

 

朝の時間を活用しない手はありません!

 

朝のポイントは2つ。

  • 少しでも早起きして、まとまった勉強時間を確保
  • 通勤時間の隙間時間を活用して勉強時間を確保

 

1つずつ確認してみましょう。

 

少しでも起きして、まとまった勉強時間を確保

朝の時間にまとまった勉強時間を確保する方法は、最初にお伝えした以下のポイントが当てはまります。

勉強時間ありきのスケジュール立て

 

朝早く起きれたら勉強するのではなく、「勉強するために早く起きる」を徹底的に実践してください。

 

30分早く起きれば、相当な勉強時間が確保できます。

  • 1週間で「30分×5日(平日のみ)=2時間30分」
  • 1か月で「30分×20(平日のみ)=10時間」

 

家族がいる場合は、家族より早く起きれば家族に邪魔されずに勉強できます。

 

私は、朝ごはんメニューを固定することで、朝の無駄な時間を徹底的に排除

ミア

朝ごはんは毎日ヨーグルトとフルーツグラノーラだよ!

 

メニューを考える時間&作る時間短縮で、まとまった勉強時間の確保に努めました。

 

 

家で勉強がはかどらないなら、会社近くのカフェで毎朝勉強するルーティンはいかがですか。

カフェでの勉強はモチベーションも上がり、テレビなどの誘惑も少ないので集中できること間違いなし!

 

早朝のカフェは結構な人数のOLやサラリーマンが毎朝勉強していますよ。

ミア
私もカフェで勉強していたときは周りに刺激を受けて頑張れた!

 

 

通勤時間の隙間時間を活用して勉強時間を確保

通勤時間の勉強は、最初にお伝えした以下のポイントが当てはまります。

隙間時間を意識的に活用

 

ただでさえ仕事で忙しい社会人は、意識してスキマ時間を勉強時間に変えていく必要があります。

少しのスキマ時間があれば勉強するという癖を付けるのが大切です。

 

通勤時間に何気なくSNS眺めている時間を意識的に勉強時間として活用しましょう!

 

スマホを見たり本を読めるような電車やバスでの通勤であれば、アプリや本での勉強がおすすめ。

 

本やアプリを使えない場合は、耳から情報をインプットしましょう。

聞くという勉強方法は流し聞きになりがちですが、集中して聞いていればしっかり知識が付いてきます。

 

 

社会人の勉強時間確保は夜のまとまった時間

朝の勉強時間確保と同じく、夜の勉強に大切なのは大切なのはこのポイント。

勉強時間ありきのスケジュール立て

 

勉強時間確保のために、勉強ありきで予定を立てましょう

 

社会人は夜に勉強しない言い訳を作れます

  • 残業
  • 仕事の付き合い
  • 家族の時間
  • 家事や育児

 

勉強時間を確保できない言い訳を作っているのは自分自身です。勉強時間を捻出するのも自分自身。

いろいろな用事を加味しつつ、勉強時間を確保するスケジュールを立てましょう。

 

勉強時間確保の方法はいろいろあります。

  • 仕事の帰りにカフェで勉強時間を確保
  • 勉強を「習い事」にして教室に通う
  • 家族が寝静まった後の時間を勉強時間にする
  • 家事は最低限にして勉強時間を確保
  • 勉強していることを公言して付き合いの回数を減らす
  • 仕事の昼休みに勉強

 

私が1か月の平日夜に、20時間以上の勉強時間を確保していたスケジュールを公開します。

 

勉強していたときは、残業は1日3時間(つまり月60時間残業)。

それでも、毎日1時間以上の勉強時間を確保していました。

 

前提: 独身・残業月60時間・通勤片道30分

  • 21:30 仕事終わり(夕食は仕事しながらお弁当を食ベ終わっている)
  • 22:00 家に帰ってすぐお風呂
  • 22:30 勉強開始
  • 23:45 勉強終了
  • 24:00 就寝
  • 7:00 起床

 

 

もちろん、1時間も勉強できない日もありましたが、毎日必ず参考書を開きました

毎日参考書を開くことで、習慣化が定着するのでおすすめです。

 

夜は、暗記モノが記憶によく定着すると言われています。

朝勉強したことも含めて、寝る前に頭の中で1日の勉強のおさらいをするとより勉強効率がUPすること間違いなしです!

 

 

社会人の勉強時間は休日にまとめて確保

社会人の勉強時間確保休日社会人の勉強時間確保は休日が勝負です。

休みの日にしかまとまった勉強時間を確保できないからです。

 

極端な表現ですが、休日は1日中勉強できます。

 

学生時代のテスト前や受験勉強を思い出してください。そのころは1日何時間勉強していましたか?

 

頑張り屋さんのあなたは12時間くらいは勉強していませんでしたか?

少しおさぼりのあなたは3時間くらいでしょうか?

 

学生時代と違うのは、社会人になるとバランスをとる物事が多く、勉強時間が確保しにくいという事。

  • 仕事の疲れからも回復したい
  • 家事をしないといけない
  • 自由な時間とお金でプライベートも大切にしたい
  • 休日出勤もあるかもしれない
  • …などなど

 

社会人特有ないろいろな物事とバランスを取りながら、休日に継続的に習慣化できる勉強時間を設定することが大切です。

 

繰り返しですが、社会人の勉強時間確保のポイントは習慣化です。

とある休日に12時間勉強しても、次の休日の勉強は0時間だと習慣化できません。

 

それよりは、「休日は毎日5時間の勉強時間を確保」の方がおすすめです。

繰り返し勉強した方が記憶の定着も良いと言われています。

 

個人的には、休みの日には最低でも3時間もしくは4時間の勉強時間を確保することをおすすめします。

休日1日の勉強時間が3時間だと仮定すると、1か月で「3時間×8日=24時間」も勉強時間を確保できます。

 

もし、資格や試験に向けて勉強しているなら、試験前に模擬試験を解くようになると思います。

3時間~4時間あれば、模擬試験・答え合わせ・間違った問題の確認を一通り済ませることができるからです。

 

問題を解いて間違った箇所の復習は、間違った直後にやるのがおすすめ。

 

 

もちろん、長めに勉強時間を確保できそうな休日は、もっとまとめて勉強しても良いですね。

 

 

【まとめ】社会人の勉強時間確保は1ヶ月サイクルで考えよう

社会人の勉強時間確保は1ヶ月サイクル社会人が勉強時間を確保するには日々の積み重ねが大切です。

 

今回の記事で解説した方法で勉強したら1ヶ月で44時間もまとまった勉強時間を捻出できます!

  • 20時間=60分×平日20日
  • 24時間=3時間×休日8日

 

上記にプラス通勤時間などのスキマ時間の勉強時間もあるので、60時間くらいは勉強している計算に。

 

 

とはいえ、社会人は仕事の波もあるので、毎日一定の勉強時間を捻出できないかもしれません。

 

それでも、毎日少しずつでも勉強時間を確保し続けることが重要。

勉強を習慣化することで自然と勉強時間を確保できるようになります。

 

勉強のスタートは思い立ったが吉日!

この記事を見ているあなたも勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

社会人の勉強時間確保
最新情報をチェックしよう!